ついに・・・
2017 / 07 / 14 ( Fri )


1ヶ月振りの大学病院。
お目々はすっかりきれいになり、透明度も上がっているとのこと。
引き続き、ドライアイ防止に目薬は続けることになりましたが、こちらはもう大丈夫です。
もう一つ、オシリの小さな腫瘍のことも相談してきました。
当初の予定では、今日は眼科の再診のみの予定で、オシリの診察は再来週に予約をしていましたが、担当の先生がついでに少し見ておきますというところから、レントゲンや腹部エコーも撮影して、最後まできちんと診て下さいました。
腫瘍は、地元の動物病院で診ていただいた通り、肛門周囲腺腫という腫瘍で良性と悪性があること。
中高齢の未去勢の雄犬が発症しやすいこと。
放置しておくと大きくなる可能性があること。
去勢とともに切除することで、再発防止に効果があること。
今は小さいので皮膚の表面に近いところを切るだけですむこと。
しかし、レントゲンから肺の機能が少し低下していることがわかるので全身麻酔による若干の危険性があること。
などの説明を受けました。

当初は生活に支障がない状態なので手術はしなくてもいいかなと思っていましたが、腫瘍が大きくなってから手術すると切除範囲が広くなり肛門機能に影響が生じる可能性があることを伺い、飼い主とも相談し、手術を受けることにしました。

当のミックはそんなこととは露知らず、診察室の床でイビキをかきながら寝ていました。

もう高齢だから諦めているけど、ついに本当にミックの子孫を望めなくなるんだなぁと少し寂しい気分です。
スポンサーサイト
16 : 15 : 09 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<日曜日、朝のお散歩 | ホーム | 空振り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://corgiblog.blog.fc2.com/tb.php/2258-6c8d3851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |