レントゲン
2013 / 05 / 28 ( Tue )

今日も歩き方に力がないミック。
昨日よりヨタヨタする感じなので、動物病院へ。
レントゲンを撮ってもらいました。
結果、背骨の間隔に異常はないし、椎間板が潰れているようなこともない。
ついでに、レントゲンでわかる範囲では、肝臓や腎臓の大きさも正常。
ということで、ある程度は安心できたのですが、何ひとつ原因を特定できないので、治療方法が決まりません。
院長先生から大学病院での精密検査を勧められたと飼い主から連絡がきました。
二人で相談の結果、紹介状を書いてもらうことにしました。
詳しいことは、今度の土曜日、私も一緒に動物病院に行けるときに聞くことになりました。

ミック自身は、後脚に力が入りにくいらしく、片足あげてオシッコするのが不安定だったり、段差がのぼれなかったりで、思うように動けないせいか散歩に行きたがりません。
とりあえず庭で排泄させています。
食欲は旺盛で、運動量が減ってることもあり、14.35kgに増量してしまいました。
それから、オシッコ濃度は上がったので尿崩症の疑いはなくなりました。

このところ、ミックと同世代の犬仲間達が体調を崩したという話をよく聞くようになりました。
生き物なので寿命があるのは仕方がないことですが、どの子もできるだけ健康なまま穏やかに年取ってほしいし、天寿をまっとうしてほしいものです。

スポンサーサイト
22 : 32 : 21 | 病院 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<予約 | ホーム | 今度は・・・>>
コメント
----

ミックちん、後脚まで痛いとは可愛そうに。精密検査は脚の検査ですか?
by: tanaka * 2013/05/29 13:17 * URL [ 編集 ] | page top
--精密検査--

tanakaさん
精密検査では、たぶんクッシング症候群のことも調べることになると思います。
MRIを撮ることになりそうです。
後脚は力が入り難いみたいですが、痛いわけではなさそうです。
むしろ感覚が鈍いのが心配。
段差がダメと書きましたが、おやつを催促するためなら後脚だけで立ったり、高さのある場所に飛び乗ることもあるそうです。
機能的には動けることは喜ぶべきことですが、そんなことをして酷くならないかと心配にもなります。
とりあえず飼い主は、おやつのときは、飛びつくのではなく、伏せをさせる習慣を身につけさせようと頑張っています。
この1ヶ月でめまぐるしく体調が変化していて、私達も戸惑っております。
by: ミックのオーナー * 2013/05/29 17:41 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://corgiblog.blog.fc2.com/tb.php/1999-74025154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |