ミック永眠
2018 / 03 / 31 ( Sat )


ミック永眠。
朝は少ししんどそうだったけど、ごはんを食べて寝んねしたのに。飼い主の留守中に亡くなっていました。
昨日まで外で排泄もできていたのに、予想よりも早くに逝ってしまいました。
写真は、今朝のミックです。
14年と25日、私たちのところにいてくれてありがとう。
生後5176日の生涯でした。
スポンサーサイト
16 : 19 : 09 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
ちゃんとシッコに行けたよ
2018 / 03 / 30 ( Fri )

飼い主の仕事が忙しくなってきました。
今までは、飼い主の留守中は数時間おきに飼い主父が掃き出し窓を開けてくれたら、ミックは庭に出てシッコして戻って来ていました。
しかし、安静第一にしないといけないし、踏み台はあるとはいえ掃き出し窓と地面の段差を登り降りするのが難しくなってきました。
それで、飼い主は部屋中にペットシーツを敷いて出かけたのですが、今日は未使用ですよ。
なんでも、飼い主父が部屋を覗いたら、柵のところでミックがお座りして訴えかけていたそうです。
今まで同様、窓を開けてやると自分で降りて、シッコして、自分で上がってきたそうです。
そんなことが二回もあり、どうやら調子がよかったみたいです。
ごはんもしっかり食べました。
お薬が合っているのかな。
調子がいいのは嬉しいな。
明日もこの調子で無理しないように疲れすぎないようにがんばろー!
23 : 29 : 10 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
夜になると元気
2018 / 03 / 28 ( Wed )

ミック、朝の排泄の後はグッタリ気味だったのに、夜になると元気です。
この後ろ姿は、何かもらおうと柵の際に駆けつけたところ。
ごはんは、フードにヨーグルトをかけてあげたら、しっかり食べました。
最近、何故かフードを数粒食べ残してたんですよね~。
11歳以上のシニア向けフードは、お口に合わないのかしらん。
コーギーフードなら、ぽりぽりとおいしそうに食べるもんな。
でも、カロリー高めなんよな。
体重、重いんよな。

もしかしたら、処方されたステロイド剤の影響で元気が出ているのかもしれません。
元気は嬉しいけど、それが心臓に負担をかけるんだったら困るなぁ。
ミックさん、優雅にまったりと元気でいてね。
23 : 17 : 05 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今日のミックちん
2018 / 03 / 27 ( Tue )



安静第一なので、ほとんど寝ていますが、ごはんはしっかり食べましたよ。
フードの他にお芋ももらいました。
20 : 30 : 10 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
大学病院へ
2018 / 03 / 26 ( Mon )



半年ぶりに大学病院へ。
定期検診と先日からの不調の原因を調べてもらうことが目的です。
車の後部座席を倒してフラットにし、お気に入りのクッションを置いてミックを乗せました。
いつもの短距離移動では、後部座席の足元に伏せている状態なので、今日は快適なはずです。
大学病院では、昨年秋まで担当して頂いた先生が退職されたので、初対面の若い先生に担当して頂きました。
ここ最近の不調の説明をして、いざ検査へ。
約2時間かかると言われたので、私達はファミレスでお茶して、近くのディスカウントショップでドッグフードを買ったりして時間潰し。
病院へ戻ってしばらくすると、先生に抱かれたミックが戻って来ました。
絶飲食で連れてきたので、まずお水を飲ませ、買ったばかりのチーズ入りソフトソーセージを与えたところ、瞬殺。
待合室では、若いシェパードさんが賑やかにワンワン吠えていたんですが、ミックは声は出さないものの喉の奥がかすかにワホワホと鳴っていました。

さて、順番が回って来て診察室へ。
検査の結果を伺いました。
今回は、血液検査、レントゲン、超音波検査の三本でした。
血液検査では、貧血気味、白血球数が多いなど若干の所見。
レントゲンでは、胸の部分が白く写っていて、どうやら胸水が溜まっているとのこと。
更に、超音波検査では、動画を見せて頂いたのですが、右心房の横に2cmあまりの大きさの腫瘍があることがわかりました。
素人目にも、その腫瘍が心臓の動きを邪魔しているのがわかるくらいでした。
そして、それは肝臓や脾臓にも見られ、リンパ節にも転移しているようだということでした。
その腫瘍とは、恐らく血管肉腫というもので、血管の細胞が腫瘍化したもので、下手に傷つけると体内で出血する可能性があるものだそうです。(添付画像参照)
ミックの年齢と体力では、外科的な処置は難しく、今後は呼吸が苦しくならないようにステロイド剤を投与することになりました。
症状としては、末期と言わざるを得ないそうですが、食欲があるのは良いことなので、好きな物を食べさせて下さいとのこと。
余命については、腫瘍の成長が遅く上手く付き合っていければ数ヶ月、万が一、腫瘍が体内で破裂したら最悪の場合は急激に死に至る可能性もあるとのことで、かなりショックな内容でした。
先生は、親身に病状や今後のことを説明して下さったので、薬を受け取りお礼を言って帰途に着きました。

帰りの車内では、途中までは顔を上げていたんですが、ふと振り返ると横倒しになっていたので、心配になりました。
しかし、飼い主が窓を開閉すると、その音に反応して顔を上げたので一安心。
帰宅後は、ドッグフードとお芋、お魚を食べたものの少ししんどそう。
クッションに寝かせて、私達は地元の獣医さんのところへ結果報告に行って来ました。
大学病院の先生に描いて頂いた血管肉腫が出来ていた場所のイラストを前に、苦悩の表情の先生。
まったくの予想外の結果だったそうです。
私も年齢的に心臓か肺が弱くなっているのかなと思っていました。
地元の先生によると、血管肉腫は成長が早い腫瘍だそうで、もしかしたら、体力低下が目立ち始めたここ数ヶ月の間に大きくなったのかもしれないということでした。
今後は、無理に歩かさず、静かに過ごさせることが一番とのことでした。

大学病院の先生も、地元の先生も、とても親身にミックのことを考えてくれて感謝するしかありません。
でも、体調不良の原因がわかり、何に気をつけるべきかもわかったのは良いことです。
ミックが穏やかにのんびり過ごせるように努めます。

19 : 30 : 09 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
葉っぱ
2018 / 03 / 18 ( Sun )

今日も朝のうちは不調だったミックちん。
昨日、動物病院に行って心電図の検査を受けたところ、先週よりは落ち着いていました。
しかし、心筋の戻りが弱い状態なのだそうです。
加齢のせいと考えることもできるけど、脳の異常で自律神経がうまく働かなくなっている可能性も否定できないとのこと。
大学病院の診察の予約をお願いしてきました。

今朝は、食欲がなくグッタリした状態だったそうですが、10時過ぎに私が行ったときには手でフードを口元に持って行くと食べるようになりました。
食器に入れてあげたら、のそのそと這い出てきてゆっくり食べました。
お水も飲みましたが、どうも息苦しそうでした。
オシッコをさせるために庭に出しても、五、六歩進むと休憩。
すぐに部屋に戻りたがり、オシッコせず。

やむを得ずマナーベルトを装着して部屋へ。
しばらくはおねんねです。

午後、ふたたび外に出すとやっとオシッコ。
もうマーキングをしないので、出すときはしっかり出します。
しばらくの間、飼い主父について庭を散策し、小かぶをもらっていました。
さらにお昼寝していたら、出掛けていた飼い主がお戻り。
また庭に出してもらい、オシッコして、今度は真菜をもらいました。
それが、ミックはじくの固いところしか食べないのです。
葉っぱになるとやる気がなくし、写真のように口の端から出ていてもおかまいなし。
まぁ、可愛いから何でもいいんですけどね。
18 : 57 : 09 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
虚血性心疾患
2018 / 03 / 11 ( Sun )
今朝からミックの調子が悪くて、飼い主が病院に連れて行ってくれました。
熱はなかったのですが、虚血性の心疾患の可能性があるとのこと。
肺が小さくなっているので、呼吸と心拍数が早いのに、心臓に十分な酸素が行き渡っていなかったようです。
心臓の血管を広げる薬を処方して頂いて、どうやら元気を取り戻しました。
そろそろ大学病院での定期検診の時期でもあるので、大学病院で精密検査をして治療方針を決めることになりそうです。
17 : 57 : 04 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
祝!14年\(^o^)/
2018 / 03 / 07 ( Wed )

ミックが私達のところに来て、丸14年が経ちました。
生まれてから40日も経たずにお母さんから引き離されて、さぞ怖かっただろうなぁ。
引き取ってすぐにお腹を壊して、病院通いを始めました。
幸い短期間で体調は落ち着き、その後はデカコギ街道まっしぐら!
ミックはもともと落ち着いた子でしたが、年とともに貫禄たっぷりのコーギーになりました。
最盛期は怖いものなしで、自分より大きな犬にでも喧嘩を売るような気の強さ。
体重は17キロまで増えていました。
その頃は、出会う人出会う人に「よう肥えた犬」と言われたり、「この種類の犬はこういう形ですか?」と言われたり、体格の立派さが人目をひいていました。
サッカーボールが大好きで、転がすと追いかけ、口に咥えて持って来て、投げてくれと催促。
また、おやつボール(内部が空洞になったボールのおもちゃでフードを入れることができます)も大好きで、よく転がしていました。
言葉の理解度が高くて、マテ、オスワリ、オテ、オカワリ、入れ、伏せ、もっと伏せなどのコマンド類だけでなく、みかん、バナナ、じゃこ、おさかな、トマト、いちごなんかも覚えたし、お散歩とお出かけを区別していたのも面白かった。

ちょうど一年くらい前から、少しずつ身体能力が低下し始めて、今ではできないことや忘れてしまったことが増えました。
でも、本犬は好きなものを食べ、飼い主と飼い主父に可愛がられ、あったかい部屋でのんびり暮らしています。
ミックがいたおかげで、たくさん楽しみが増えました。
これからももっと楽しませてもらわなくちゃ!
01 : 01 : 06 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |