お散歩拒否
2014 / 06 / 29 ( Sun )


午前中、飼い主がミックを連れて、私の実家まで来てくれました。
まだ身支度が終わってなかったので、一旦帰ってもらい、あらためて私がミック家を訪ねました。
ミックは待ち兼ねたように歓迎してくれたので、
「お散歩に行く?」
と問いかけると、掃き出し窓のところに行き、出発する意思を見せました。
それでは!と距離計測アプリを起動して、ミックを連れて歩き始めました。
我が実家と逆方向に進むので、ふむふむ気分を変えて違うコースの散歩やなと進んで行くと、まもなく腰を落としてウンP。
それを片付けていると、早くも来た道を引き返しております。
あれ?やっぱりいつものコースがいいのかと戻っていくと、ミック家の庭へ。
更に車を停めてあるところをクンクンと探った後、おもむろに車の下へ潜り込み、よっこらせと伏せた。
そのあとは名前を呼んでも引っ張っても出てこない。
ミックは日陰だけど、私は炎天下で車の下を覗き込んでいるだけでつまらないし暑い。
「ミック、お散歩行かへんのやったらおうちに入ろう」
と呼びかけたら出て来て、部屋に帰って行きました。
距離計測アプリが示す移動距離は、170m。
消費カロリーは18kcai。
飴ちゃん一個分くらいですわ。
スポンサーサイト
19 : 18 : 34 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
談山神社
2014 / 06 / 15 ( Sun )



午前中にアカラスの治療に行き、足と耳にお薬を塗布してもらったので、濡れない場所でお散歩しようということになり、初めての場所にやってきました。
森の隙間から見えるのは、大化の改新ゆかりの談山神社です。
蹴鞠中の中大兄皇子と中臣鎌足が出会ったとされる場所です。
多武峰という高い山の上にあるので、涼しかったです。
神社の中はたくさんの石段を登らなくてはならないので、短足犬には厳しい地形だったため、周辺散歩だけにしました。

下に降りて来て高松塚古墳のそばの広場でもお散歩。
飼い主にナデナデされて、デレデレのミックです。

午前中の動物病院の記録。
最近の飲水量が1リットルを切っているため、アジソン病を避けるために当面はトリロスタンを休薬することになりました。
血液検査の結果は、肝臓関係の数値がやや高いけど、アジソン病の目安となるNaやKは正常値でした。
体重は15.5kgです。
少し減ったね。
19 : 15 : 07 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
おかえり!
2014 / 06 / 10 ( Tue )

飼い主が帰ってきました。
ミックは大歓迎の大喜びでお出迎えしましたか、あっという間にいつも通り。
でも、それが一番。
健康な証拠。
20 : 47 : 13 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
お留守番
2014 / 06 / 07 ( Sat )
飼い主が親戚の用事で遠くに出かけてしまいました。
帰りは10日にの予定です。
飼い主父とミックは、それまで2人でお留守番です。
私は今週末に限ってミック家に行くことができないので、ミックの世話は飼い主父にかかっています。
ちゃんとお薬飲ませてくれるかなぁ。
散歩に連れてってくれるかなぁ。
散歩のとき、ウンPの片付けしてくれるかなぁ。。。
と心配しております。
頑張れミックちんと飼い主父!!
09 : 58 : 08 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
おいしそう
2014 / 06 / 02 ( Mon )

こんな焼き菓子があってもいいと思う。
巨大すぎるけど・・・。
17 : 10 : 12 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
あづい・・・
2014 / 06 / 01 ( Sun )




みなさま、こんにちは!
今年も早6月ですよ。
6月といえば梅雨のイメージですが、今朝は早くからカンカン照りで暑い暑い。
暑いから散歩には行かないかもと思ったけど、それは逆で暑いからこそ散歩に出て川で涼むことを選んだミックでした。
しかも、いつものお寺の近くへ行くまで待てなかったらしく一つ上流の橋の下へ、道無き道を降りました。
ざばざばと真ん中まで入って、ほーっと一息。
胴体が半分浸かるくらいの深さです。

岸に上がってきたとき、ちょうどカエルがミックの目の前を飛び跳ねた。
追いかけようとするミック。
しかし、カエルはとても素早いのです。
のんびり屋のミックちんには捕まりません。

帰り道、再び暑くなってしまったミック。
帰宅するやいなや机の下でおやすみです。
11 : 51 : 32 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |