お目々キラキラ
2017 / 06 / 20 ( Tue )


すっかり目が治ったようで、お目々キラキラのミック。
よく見えるようになったせいか元気です。
日曜日の飛鳥でのお散歩後も、まだ遊ぶと踏ん張っていました。

しかし、昨夜、散歩の後で飼い主がミックのオシリを拭いたらば出血!
今日、地元の獣医さんに診察してもらったら肛門周囲腺腫という腫瘍が2つできていて、片方が破れて出血したらしいとのこと。
本犬は痛がっておらず、悪性ではなさそうなのが幸いですが、来月、眼の検査で大学病院に行くときに一緒に診てもらうこととなりました。
腫瘍なので、手術するのが完治への道だそうですが、検査の結果次第かなぁ。
高齢になるといろいろあるものです。
スポンサーサイト
22 : 38 : 10 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
入鹿の首塚
2017 / 06 / 12 ( Mon )


シャンプー屋さんの行く前に飛鳥でお散歩。
蘇我入鹿の首塚にて。

シャンプーは、2月頃から延期延期で、やっとできました。
終わったら、ふっくらフカフカでいい匂いになりましたよ(^^)
06 : 27 : 09 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
お目々治ったよ(^^)
2017 / 06 / 10 ( Sat )





1週間ぶりに大学病院へ。
久しぶりに私も同行しました。
待ち合わせ場所でミックの顔を見ると、お目々のパッチリ感が回復して、とてもかわいい顔になっています。
飼い主、通院に慣れて来て、予約時刻より1時間近く早く着いてしまった。
ミックはおとなしく待っていたのですが、途中からはゴロン。
何度も通院しているうちに、こんなにもくつろげるようになってしまいました。

顔馴染みになった看護師さんにナデナデしてもらいエヘエヘ。
しかし、診察室に入るのは少し嫌がりました。
待たせすぎたからかなぁ。
飼い主と私も一緒に部屋の中まで付き添い、看護師さんに引き渡しました。
しばらくして診察が終わると担当の獣医さんから説明がありました。
傷がついて潰瘍になっていた左目は、治ったと言ってもよい状態になった、白眼の充血もなくなっているとのこと。
更に、もともと問題がなかった右眼まで今日はいつも以上にきれいだったと。
よかったね~\(^o^)/
日曜日にシャンプーの予定があるとお伺いしてみたら、シャンプー前後に目薬をさしてドライヤーによる乾燥を防ぐことを注意されましたが、プロに洗ってもらうなら大丈夫でしょうということになりました。
シャンプーが目に入ることより、タオルで目をこすってしまったり、ドライヤーで乾燥させ過ぎることで目を痛めることがあるそうです。
とにかくマメに目薬が大事だそうです。
もはや傷はないので血清目薬ではなく、ヒアルロン酸入りのものともう1つ(名前失念!)を処方して頂き、念のため1ヶ月後にもう一度診察して頂くことになりました。

病院を出たら午後1時頃になっていたので、近くのスーパーでお弁当を買って公園で食べることにしました。
それなのに、スーパーからすぐ近くの公園に向かうはずがなぜか有料道路に入ってしまい、引き返せなくなり辿り着いた先は関空(^^ゞ
やむを得ず展望ホールの駐車場でお弁当を食べ、散歩しました。
飛行機が飛び立つ音でミックが怖がるのではないかと心配しましたが、全然気にせず、機嫌よくお散歩。
できれば飛行機とミックのツーショットを撮りたかったけど無理なので、関空の文字入りのコーンと記念撮影。
帰りはいつもと違うルートを走り、途中のサービスエリアで人間はあまおうソフトを味わいました。
もちろんミックにもおすそ分けしましたよ。

長かった目の不調が終わって表情が明るくなったミック。
まだまだ元気でいてね!
01 : 18 : 20 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
よかった(^^)
2017 / 06 / 02 ( Fri )



今日も大学病院へ。
なぜかミックはごきげんだったそうです。
診察していただいたところ、ほぼ治っているそうです。
よかった~~~!
一時はどうなることかと心配でしたが、飼い主が根気よく目薬点眼してくれたおかげやね。
来週、もう一度、再発していないかの確認の為に通院します。
このまま、完治してほしいな。
21 : 58 : 19 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
今日も大学病院
2017 / 05 / 30 ( Tue )


今日は朝早くから大学病院。
地味~に治ってきているそうです。
追加の血清目薬を作っていただき、次回は金曜日に診察です。
このまま完治しますように!!
22 : 57 : 20 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>